ビットコイン 電子マネー キャッシュレス

ビジネッツ-bizinets-

ビットコインの普及による世界のキャッシュレス化の流れ

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


ビットコインがどんどん普及してきて決済手段として活用されるようになってくればどうなるのか?

今までの紙幣や硬化が使われなくなり流通しなくなります。

今でもスウェーデンがすでにキャッシュレス化の流れが進んでおり、支払いなどの決済で紙幣や通貨が使用される率が全体の2%となっているようです。

日本でも、SUICAやICOCAなどの電子マネーが普及してきており、コンビニや自動販売機でもiDを利用して小銭を使わなくても欲しいものが買える時代になってきています。

管理人も普段の生活の中で、カードを使って決済する機会が増えてきました。

この流れから考えていくと、今後はビットコインが決済手段の一つとして利用されてくることを感じます。

お金の支払いで一番面倒くさいのは、小銭の支払いです。

財布の中から小銭を探して、枚数を数えて支払うわけですが、あと1枚足りずに紙幣を出して財布の中が小銭でパンパンになったことはないでしょうか?

電子マネー
また、電車に乗ろうとしたとき、時間がなくて急いでいるのに券売機で小銭を出して一枚ずつ投入していくときの焦りと言うものもなくなるでしょう。

こういったものは、自分の気持ちの持ちようや行動の仕方によって特に問題と感じない人もいると思いますが、それにしても便利になると思いませんか?

高速道路で利用するETCにしても、ETC搭載車でずっと高速道路を乗っていたのに、急に人の車を使って高速道路を使った時にETCがなくて料金所で待たされたことがあるので、キャッシュレスで行動できるということは、とても便利なことだと思います。

ビットコインや電子マネーによる現金離れによる弊害

自動販売機の電子マネー 今後の流れを考えると、ビットコイン決済もごく普通に行われるようになるでしょう。

LINE Payのような決済も盛んになると思われます。

現に、中国ではウィーチャットPayと呼ばれる決済が流行っているようですからね。

現金離れが加速していくと、余計に紙幣価値の下落に対して鈍感になってくるかもしれません。

現金で決済しなくなるわけですから、自分の財布からどれだけお金がなくなっていくのかを実感できないからです。

こういった状況を作られて、紙幣の価値をどんどん下がって、国家の借金はどんどん積み上がってもマイナス金利が長期間続けば各国政府の負担も少なくて済みます。

世界が現在抱える問題解決には、このように人々に目隠しをするように現金決済からカードや電子マネーでの決済を行うように進めていき、お金の流れを一元管理することができるようにしていくのかもしれませんね。

こういったことから考えても、キャッシュレス化の流れがビットコイン利用を後押ししてビットコインへの分散が加速されていくのではないでしょうか?

今後の動向はしっかりと見ていく必要があると思います。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
メルマガ登録フォーム

ビジネッツLINE@

ビジネッツFacebookページ
最新記事