ビジネッツ-bizinets-のブログ目次

ビジネッツ-bizinets-

ビットコインなどの仮想通貨を資産分散で持つ上での考え方


ビットコインなどの仮想通貨を資産分散の一つとして持つときにどのようにしたらいいのでしょうか?

「毎日1%の配当がありますよ」
とか、
「1年間で資産が3倍以上になります」
といった類のものはまず怪しいので、警戒してきちんと調べる必要があります。

そんな高利回りを謳っている案件というのは、ハイプ(HYIP:High Yield Investment Program)案件と呼ばれていますが、現在インターネット上で様々な形で溢れかえっています。

「そんなの知らない」という人は、そこまで情報のアンテナをたてていないだけであって、実際にHYIP案件に手を出してしまい、支払いが止まってしまって資産が溶けてしまった、、という人も中にはいます。

ビットコインを始めとした仮想通貨と言うのはこれから伸びてくると言われている金融産業ですが、まだまだ情報が確立していないために、詐欺的な案件が増えているわけです。

ビットコインなど仮想通貨を投資としてもつとしても、株式のように長期的な視点に立って持つことがいいように思います。

信用取引のようにレバレッジを利かせたり、デイトレードのように短期での運用は「 投機 」というものです。 

金に資産分散するのと一緒で、現在の通貨の価値が下がったとしても変わらない価値を持っているものに資産の一部を変えておくという視点がいいでしょう。

その上で、仮想通貨の価値が値上がりすれば、値上がり益を得ることができる、という考えであれば、無理な投資をすることもありません。

投資はあくまでも自己責任ですが、大きな失敗をしないためにもこうした考えが大切だと思います。

ビットコインなど仮想通貨の市場を見る

市場を見る
仮想通貨の市場と言うのは株式市場に似ており、日々価格の変動が起きています。新しい仮想通貨もどんどん生まれてくるわけですが、市場で流通する可能性が高いものがいいでしょう。
 
前までは、ビットコインやイーサリアム(エセリウム)など一部の仮想通貨しか伸びて来ないのではないかと考えていましたが、これからは用途に応じた仮想通貨が使われるかもしれないと思っています。
 
そういう意味で、何種類かの仮想通貨に対して資産分散をしておけば、一つだけの値動きに一喜一憂することなくリスク分散することができるでしょう。
 
また、株でいうところのIPO(未公開)株のような要素も持ち合わせているわけですから、価格が安い時に少額でも資産を分散させておけば、そこに大きなメリットが生まれます。
 
イーサリアム(エセリウム)で言えば、ここ2年間で約300倍になっています。
 
10万円投資していた人は、3000万円になったということです。

これだけの高い伸び率は他の投資ではほぼチャンスを得ることは不可能であり、少しだけ分散して入れるだけでそれが大きなリターンになる可能性があるのです。

これはあくまでも結果の話ですので、すべての仮想通貨がこのような値上がりをするとは限りませんし、市場で流通することなく価値をなくしてしまう可能性もあるでしょう。
 
だからこそ、仮想通貨の存在価値をしっかりと見極めていく必要があります。

では、どのように選んで行ったらいいのでしょうか?

仮想通貨を選定するときの考え方

ビットコイン所有の考え方
仮想通貨の案件を選定するうえでの明確な基準と言うものはないでしょう。

ただし、情報をきちんととっていく必要があります。

まず、どのようなメンバーがその仮想通貨に携わっているのか?

その仮想通貨のプロジェクトはどのような目的をもってスタートするのか?

そして、それによって世の中にどれだけの効用があるのか?

このあたりが選定するうえでの判断の基準として持っておくべきことではないかと思います。
 
そのためには勉強していかなければいけませんよね。

きちんとしたマネーリテラシーをもって、情報をうまく活用していきましょう。

広島県の福山市で定期的に勉強会を行っていますので、コチラからご参加ください。

ビットコインや仮想通貨関連の詐欺に引っかからないために


ビットコインや仮想通貨に関する情報がFacebookの広告で目につくようになってきました。普通に日常生活を送っているのには特に耳にすることはない仮想通貨ですが、投資や商売を考えている人にとっては少しくらい話は聞いたことがあるかもしれません。
 
3月30日には国民生活センターが仮想通貨の購入に関するトラブルが2年前の3倍以上になっていると発表しました。2014年度には194件だったのが、2016年度には634件になっていたそうです。
 
これらの詐欺事例に関連するのは、「必ずもうかる」という話に乗ってしまったことです。
 
人間は欲が深いですから、簡単に儲かる話には目がありません。少し考えたら分かることですが、そんなうまい話があるわけないですし、必ず儲かるのであれば自分たちだけでやって外部に情報は漏らさないでしょう。
 
国民生活センターも言っていますが、ビットコインなど仮想通貨の取引で儲かると言っていても、株やFXと似たようなもので相場によって影響があるため価格変動リスクを伴います。

そして、ビットコインを購入してあげるから、という理由で現金を預けてしまうのも良くありません。自分でビットコインを購入したり、取引することができないのであればまずはそこから勉強するべきですし、勉強をする気がないのであればそもそもビットコインに手を出さない方がいいでしょう。

ビットコインで儲かっている人はいないのか?

仮想通貨で儲かる
ビットコインを始めとした仮想通貨の取引高は年々増加していっているため、現段階で振り返ってみれば誰も損をしておらず儲かっていると言えます。

ビットコインの最初との取引と言うのは、ピザだったと言われています。その時はビザを注文した変わりにビットコインを1万枚支払うと言ったものでした。現在のお金に直してみると12億円と言うことになります。

ピザが12億円に化けるわけですから、すごい話ですよね。
 
しかし、先のことは誰にも分かりません。これから価格が下がっていくかもしれませんし、価値がゼロになってしまう可能性だってあります。

それでも、ビットコインが値上がりしていくと言っている人はいますし、個人的にも値上がりしていく可能性が高いと考えています。

では、その中でどのようにしたら詐欺案件を見分けることができるのでしょうか?

ビットコイン関連の詐欺案件を見分けるために

仮想通貨の勉強
世界の流れや経済、フィンテックについてきちんと勉強しマネーリテラシーを高めていかないと詐欺に引っかかるでしょう。
 
仮想通貨関連の案件は99%が詐欺だと言われていますが、その中にも優良なものもあります。
 
世間で言われているように、各国の経済状況から考えると仮想通貨への資金の逃避があるわけで、今後は日常の中でも使われるようになってくれば価値は高まっていくでしょう。

とはいえ、詐欺に引っかからないようにするためにはどうすればいいのか?

それは何もしないことです!

どんな案件にも目もくれず、何もしないことが詐欺に引っかからないための一番の方法です。

ただ、自分の資産を守るために何もしないことが良いかと言うと、そうではないと思っています。
 
仮想通貨がこれから値上がりするかどうか分からないように、今の日本円がこのままの価値を保ち続けるかも保証されていません。日本円の価値がなくなってしまうことだって考えられるわけですから、資産分散していないことがリスクになる可能性もあります。
 
だからこそ、しっかりと世界情勢を見て勉強していく必要があるのです。
 
どうして仮想通貨について勉強していく必要があるのか?
 
どうして仮想通貨を広めようとしているのか?
 
それは、仮想通貨が広まっていけば、価値が上がっていくからであり、そこに大きなビジネスチャンスが生まれてくるからです。
 
一人の動きだけでは、チャンスを大きくしていくことは難しいですが、ともに勉強して仮想通貨の可能性に気付ける人がチャンスを手にすることができると思っています。

広島県福山市で定期的に仮想通貨に関する勉強会を開催していますので、参加希望の方はコチラからどうぞ。

最近の乱高下しているビットコインに対する考え


今日から約2週間前の3月18日(土)に、
ビジネッツ-bizinets-として
『仮想通貨を利用した資産分散セミナー』
を開催しました。
 
それ以降、何も更新しておらず、
久しぶりの更新になりますが、
セミナーをした日からビットコインの価格が急落し、
今も落ち着かない状況が続いていますね。
 
丁度セミナー最中にビットコインが急落しており、
原因はビットコインのハードフォーク問題が浮上したことによります。
 
ビットコインが2つに分かれてしまい、
そのあとの値動きが分からなくなったり、
取引所で換金できないかもしれないという見解から、
「保有しているビットコインを現金化しておこう」
という動きによるものと考えられます。
 
とはいえ、それでもビットコインの底値は堅く、
若干10万円を切った時もありましたが、
そこらへんで推移しています。
 
このタイミングと言うのは、
たくさんの意見があると思いますが、
『買い』のタイミングなのではないかと思います。
 
今後も、ビットコインを中心とした仮想通貨への期待感はありますので、
長期的に見ていけば値上がりしていくことが考えられるからです。
 
とはいえ、現状の相場は乱高下しており、
値動きに対して敏感に反応していると気が休まりません。
 
ですので、いったんビットコインを買っておいて、
事態が落ち着くまで放っておくのがいいと思っています。
 
ビジネッツ-bizinets-としては、ビットコインのマイニングに対して投資をしていますので、
現状のビットコインの価格に一喜一憂することなく日々を暮らしています。
 
前から、ビットコインへ辛酸分散するのであれば、
マイニングに参加することがいいと言っていますが、
それはどうなっているのか気になりますよね?
 
ということで、現段階の当グループのマイニング状況について報告しておきます。
 
 
↓↓↓以下↓↓↓
 
ビットコインのマイニングマシンへの投資金額を500 $ とし、
 
現在のビットコイン価格が 1031.01 $ である場合、
 
現在で78 日間経過しているため、累計マイニング量 0.0718
BTC  ( 1日あたり 0.000921 BTC :1,000日予想量 0.920513 BTC )の実績から試算すると、
 
1,000日間の予想回収額 950.89 $
投資金額に対する利回り 190.18 %
 
現在までの回収率 14.83 %
1年経過時点の回収率 69.41 %
投資回収までの予想日数 526 日 ということになっています。
 
 
↑↑↑以上↑↑↑
 
この結果から分かるように長い目で見ていくと、
単純に保有しておいて、値上がりだけを狙うのよりも、
ビットコインの保有量が増えていくことが考えられます。
 
投資と言うのは、単純に1年で倍になるような、
賭け事とは違いますので、長期的な視点に立つ必要があります。
 
ビットコイン取引所でFXのような取引をするのであれば、
短期的な値上がり益を狙えばいいだけの話ですが、
それは投資ではなくて「 投機 」になりますので、
自己責任でされたらいいと思います。
 
ビジネッツ-bizinets-で話をしているのは、
あくまでも資産運用として仮想通貨を利用した投資の話ですので、
この点を踏まえて、将来的に仮想通貨について勉強していきたい人は、またセミナーに参加してください。
 
次回は、4月15日(土)の13:30~ 広島県福山市にあります、
福山市西部市民センターの学習室1で行います。
 
参加費は会場代として1,000円頂戴しております。
 
今回のテーマは、仮想通貨・ビットコインの将来性についての話と、マイニングへの分散投資について話をしていきます。
 
また、仮想通貨について理解を深めていくために、
店舗では販売していない「 仮想通貨ボードゲーム 」を使って、
楽しみながら学んでいきましょう。
 
当日お会いできることを楽しみにしております。

ビットコインはハードフォーク問題でどうなるのか?


ビットコインの価格が3月18日(土)の昼頃を境に急落してしまいました。

実はこの日は福山市西部市民センターにて「仮想通貨セミナー」を開催していて、ビットコインが今後も価格上昇を続けていくために保有しておいた方がいい、という話をして、【 ビジネッツ-bizinets- 】も参加しているマイニング事業の案内もしてきたところでした。

終わってひと段落してビットコインの値動きをみていくと、価格が急落しているのです。

その理由を調べていると、ネット上ではすぐに情報が上がっているので、ビットコインがハードフォークをするかもしれないという情報による影響だということが分かりました。

ビットコインのハードフォークと言うのは、どういうことか分からなかったので、調べてみました。

簡単に説明しますと、ビットコインというのは基盤としている技術にブロックチェーンがあります。

ブロックチェーンと言うのは取引台帳のようなブロックを、過去から鎖でつないでいくことを指しているのですが、ブロックチェーンによって不正ができないような仕組みになっています。

そして普通はブロックからブロックへの鎖は一つしか出ないのですが、これが2つに分裂する、ということが、『ハードフォーク』です。

過去に仮想通貨で一度ハードフォークが起きた事例があり、それがイーサリアム(エセリウム)でした。

イーサリアムは、現在イーサリアムとイーサリアムクラシックが存在しています。

このように、ビットコインも、ビットコインコア(BTC)とビットコインアンリミテッド(BTU)に分かれるという議論になったのです。

もし分裂した場合にどうなるかと言うと、現在持っているビットコインがビットコインコアとアンリミテッドに1対1で分かれることになります。

分裂したときに、ビットコインの価格の70%をコアがとり、残りの30%がアンリミテッドがとる。

そうであれば、結局合計すれば今のビットコインの価格と同じになるのですが、実際は取引所が対応できるのかどうかが問題になったために、ビットコインを現金に換えようとする動きが強まり、結果的にビットコインの価格が下がったと考えられるわけです。

ということは、ビットコインを取引所の中で保有しておくのはリスクが高くなります。

どうしてかというと、ビットコインを保有している取引所が、仮にビットコインコアのみを取り扱い、アンリミテッドには対応しなかった場合は、ビットコインが分裂したものが存在していたとしてもどうすることもできなくなってしまうからです。

例えて言うならば、銀行に預けておいたお金が分裂して、片方しか取り扱いをしていないために、片方しか引き出すことができずに残りは宙ぶらりんの状態になってしまうようなものです。

それを避けるためには、現金を財布の中に入れておくことが最適であり、事態が落ち着いてから、もともとの現金を分裂したそれぞれのものに変えてもらうのがいいという考えになりますよね。

そういう理由から、ビットコインを現金がしていったわけです。

ただ、現金化しなくてもCOPAYなどのビットコインウォレットに移しておくことも一つの方法です。

分裂したとしてもビットコインコアとアンリミテッドの両方が値上がりすれば、別に今までと問題ないわけですから、事態が落ち着くまでは専用のビットコインウォレットに移しておくだけでも十分なはずです。

そして、短期的に売買するからすぐに何とかしようと動くわけで、長期的に見た場合は値上がりをしていく可能性が高いわけですから、相場の変動に一喜一憂せずに腰を据えておけばいいだけなのです。

そういう点で言えば、ビットコインを購入して持っておくだけだと、相場の変動を気にしがちですが、マイニングによって日々収益が入ってくるわけですから、気にしなくてもいいのです。

ですので、ビットコインで資産運用するのであれば、マイニング事業に投資をしていくことをオススメします。

ビットコインに投資して日々利息を手に入れる方法


ビットコインに対して投機家がどんどん参入してきています。

昨年から比べて10万円近く値上がりしているわけですが、価格の上昇が右肩上がりを続けているため、誰も損をしていない状況です。

多少の波はありますが、買った時の値段から高くなったときに売ってしまえば儲かるわけですからね。

そんな情報を投機家たちが仲間内でどんどん話すことによって参入している人たちが増えているということです。

ビットコインには普通の株式のようにストップ高と言うものはありませんから、価格が上昇するときには一気に上がりますし、下落するときも大きく下落します。

ただ、可能性のある通貨ですから、価値がなくなるまで暴落することもなく買い支えが入っています。

また、市場の中で何も材料がないのに一気に上昇するということもないでしょう。

なので、なだらかなビットコインの上昇と言うのはビットコインを新たに手に入れようとする人たちが取引をすることによって起こっていると考えることができます。

そう考えたときに、ビットコインを保有しておくだけで、将来的に価値が上昇すれば儲けることができるということは想像がつきますよね。

ただし、それだけではちょっともったいない気がします。

確かにビットコインの価格が上昇すれば資産は増えることになりますが、5BTC持っていたものは5BTCのまま変わりません。

これがどんどん増えていく方法があるとしたら良くないですか?

ビットコインのマイニングに参加して日払いを受ける


ビットコインマイニング
なんだか、すごく売り込みみたいな文章になってしまいましたが、ビットコインの価値や将来性を理解した上で日々手に入れることができる方法があったら参加したいですよね?

というか、管理人であれば飛びついて参加します。

でも、ビットコインにはそれができるんです。それが【 マイニング 】です。

マイニングと言うのは取引の承認作業をすることで、ビットコインを報酬としてもらえるというものです。

前回の記事で、ビットコインのマイニングに個人で参入することに対しての見解を述べたと思います。

⇒コチラの記事を参照

個人での参入は前回述べた通り、現状では不可能と言えるでしょう。

ではどうすればいいのかと言うと、プールマイニングと言うグループでマイニングに参入するという方法です。

マイニングでは、10分に1回承認作業をしてそのたびに報酬が支払われるわけです。

だから、マイニングに成功すれば毎日利息のように報酬を手に入れることができます。

これまでの投資案件として、毎日利息が入ってくるものと言うのはなかったでしょう。

銀行の利息で言えば、年に1回か2回。株式の配当もそのくらいです。不動産投資をされている方であれば、月に1回ですね。管理人もカジノのフランチャイズに出資をしていますが、この収益も月1回です。

しかし、マイニングであれば毎日報酬が入ってくる可能性があります。

とはいえ、マイニングですごく儲かるということが言いたいわけではありません。あくまでも金に投資をするのと同じように、今の紙幣や貨幣の通貨とは違った仮想通貨という新しく出てきた基軸通貨に投資をするということです。

ですので、仮にビットコインのマイニングに参加したけどビットコインの価値がなくなってしまえば投資額の回収はできません。ただこれは極端な例であり、現在の世界の動向を見ていたらその可能性はほとんどないと言えるでしょう。

今はまだ世界中に広がり始める前段階です。このタイミングでビットコインのマイニングに参入できるのは大きなチャンスだと考えています。

もしこの話に興味があるようでしたら、お問い合わせからご連絡ください。

ビットコインのマイニングを今から個人で参入することについて


ビットコインを得る方法には、ビットコイン両替所で現金をビットコインに両替する方法と、【 マイニング 】と言う方法によってビットコインを得る方法があります。

一般的な入手方法は両替所でビットコインを手に入れることになりますが、世界にはマイニングよってビットコインを得ている人たちがいます。

マイニングという言葉を聞いたことがない人がいきなりマイニングに挑戦しようとするわけはないと思いますが、少しビットコインについて勉強した人であれば、マイニングによって自分でビットコインを得た方が儲かる、と思ってしまう人もいるでしょう。

というのも、コンピューターがあれば誰でもマイニングに参加することが可能だからです。

しかし、そんな話を聞いて自分でマイニングに挑戦してみようとしたときに、今の段階で個人でマイニングに参入することはどうなのでしょうか。

管理人が得た情報をもとに見解をお話ししたいと思います。

個人でマイニング報酬を得るのはほぼ不可能

マイニング挑戦
結論から先に伝えておきますと、個人でマイニングに参加しようとしても今からでは不可能でしょう。

個人でマイニングをしている人のことを「ソロマイナー」と呼ぶみたいです。

ビットコインが出始めでまだ世間で注目されることのなかった2009年の段階では、ビットコイン自体を知っている人が少なかったので、個人のパソコンを使った遊びとして参加している「ソロマイナー」は存在していました。

しかし、だんだんとビットコインの通貨としての可能性が高くなってくると、マイニングに参加する人が多くなり、コンピューターの性能も格段に良くなってきました。

マイニングと言うのは、複雑な数式を計算することですから、コンピューターの性能に大きく左右されます。

だから、マイニングに使われるコンピューターを連結したり、専用のチップを使ったりして処理速度を速めていきました。

そうなってくると、たくさんお金を持っている人がスーパーコンピューターやチップに投資をしていき、コンピューターの性能をいかにして高めるのかが焦点になっていったわけです。

スーパーコンピューターを何台も稼働させてマイニングを行うわけですから、当然電気代がかかりますし、コンピューターをずっと稼働させることによって熱を持つため、エアコンなどで冷やす必要もでてくるため、コストが莫大にかかってきます。

個人が参入するにはとても手が出せないほどの投資金額が必要になってくるわけです。

初期コストで、最低でも50億円程度の投資をしなければ競争にならないくらいです。

そして、仮に最初に参入したときにうまくマイニングできたとしても、科学は進歩していくわけですから、どんどん高性能なパソコンが出てくるので、そのたびに買い替えをしなければなりません。

要するにランニングコストがかかりすぎるのです。

初期コストに加えて、継続して年間20億円単位で投資をし続けなければ競争に勝てないレベルになっています。

そういうわけですから、よほどの物好きな大金持ちでないと個人でマイニングをしようという人はいないでしょうし、今現在マイニングの結果を見ていてもソロマイナーはいません。

だから、マイニングに個人で参加するのは不可能と考えておいた方がいいでしょう。

マイニングが難しいと考えさせられた事例


管理人の知人で、中東のバーレーンでマイニングをしようと試みた人がいました。

どうしてバーレーンかというと、電気料金が安いからです。

先ほども述べたように、スーパーコンピューターを稼働させてエアコンで冷やさないといけないわけですから、莫大な電気代が必要になります。

それによって、何とかマイニングをしていたわけですが、新しいコンピューターが出現して、他のマイニング会社と性能に差が出てしまった場合、マイニングが難しくなります。

その差を埋めるために、常に新しいコンピューターへの投資が必要になってきます。

マイニングの効率に対して投資で回収できる金額が釣り合わなければ、事業が回っていかなくなるのは想像できますよね。

この知人も事業が上手く回らなくなってしまい、結局マイニングを止めてしまいました。

複数人でマイニングする方法

プールマイニング
上記の事例からも分かるように、ビットコインのマイニングを個人でするのは不可能です。

そのため、今ではたくさんの人が集まってマイニングをするという、プールマイニングという方法がとられています。

マイニング会社に投資をして、得られたビットコインを頭割りして得るという方法です。

一般人がビットコインのマイニングに参入するには、今ではこの方法しかないでしょう。

このプールマイニングの詳しい情報を知りたい方は、お問い合わせからご連絡ください。

ビットコインや仮想通貨について真面目に勉強するための方法


ビットコインや仮想通貨について耳にしたことのある人もいるかと思います。

しかし、ほとんどの人が無関係なため、なんだかよく分からないものとしか思えず、”怪しいもの”とか”危ないもの”、と感じています。

ただ、ビットコインの概念について理解している人は誰も理解していない段階から価値を感じていたり、投資先として利用していたりします。

現在ビットコインや仮想通貨についてマスメディアが注目し始めているということは、情報の上層部にいる人たちにとってはすでに先行投資としての対象になっている可能性が高いのです。

このような新しい概念やシステム、物ができたときには、普及するまで少し時間がかかります。

というのも、画期的なものと言うのは、最初はなかなか世間に受け入れられないからです。

最近起こった事例で考えたならば、「 iPhone 」がそれに当たるのではないでしょうか?

これまでは、「ガラケー」と呼ばれる携帯電話が日本では普及していました。

NTTドコモの一人勝ちと言われていた時代に、ソフトバンクがiPhoneをもって携帯電話・通信業界に殴り込みをかけたのです。

最初はガラケーに慣れている人たちからしたら、使い勝手がかったため受け入れはあまり良くなかったかもしれません。

珍しいもの好きや最先端の機器が好きな人たちが買っていたのではないでしょうか?

しかし、今となってはiPhoneのようなスマートフォンを持っている人たちよりも、ガラケーを持っている人たちの方が少数になってしまいました。

簡単にインターネットに接続でき、さまざまなアプリを利用できるという利便性があるからでしょう。

人たちの求めているものが変わっていっている証拠ですね。

ビットコインや仮想通貨も、これらと同じように、金融業界に大きな変革を起こすとしたら、先が楽しみになりませんか?

ビットコインや仮想通貨について勉強するために

一緒に勉強
ビットコインや仮想通貨について将来の可能性を感じるためには、まずは自分自身が勉強することが大切です。

人から話を聞いたり本を読んだりネットで調べたりという方法がありますが、今の時代は情報が氾濫しているため、何が正しくて何がおかしいのかが分かりにくくなっています。

世の中に出回っている情報のほとんどは、誰かの意見(このサイトの情報も管理人の意見が多いです)が入っているわけですので、それらの中から信憑性のある情報を選び取るというのはほとんど困難と思っていいでしょう。

だからこそ、勉強するための最適な方法として、『まずは自分もやってみて感じること』があります。

ビットコインで「自分でやってみる」とは?

ビットコインの取引
仮想通貨関係で「自分でやってみる」と言えば、ビットコインを購入してみることが当たりますね。

ビットコインについて勉強するために、誰かの情報を見たり聞いたりしていても、どこかで他人事になってしまって真剣になれません。

自分が実践してみることで本当の意味で真剣さが増して、勉強しようという気持ちになるわけです。

そのための第一歩として、まずは実際にビットコインを手に入れてみる!

すると、ビットコインがどのような値動きをするのかを注意深く見るようになるでしょう。

これは、株式市場でも同じことが言えると思います。本や雑誌を読んでいてもよく分からないですし、誰かの意見に左右されるだけになってしまいますからね。

自分が株を買うからこそ、その銘柄の値動きが気になり、「どうしてそのような結果になったのか?」という要因について考えるようになります。

ビットコインの値動きも同じですから、様々な情報を吸収することができるでしょうし、仮想通貨関連の周辺ビジネスについても気にするようになるでしょう。

勉強と言うことを考えたときに、『まずは自分でやってみる』という流れを作る必要があります。

ビジネッツ-bizinets-では、【 コインチェック 】でのビットコインの購入をオススメしているので、コインチェックを利用してまずは購入してみてはどうでしょうか?

Facebookのアカウントを持っていれば簡単に利用できますし、仮想通貨の価格が高騰したり下落したりしたときには通知が来ますので、嫌でも目につくようになりますからね。

まずはコチラから登録してみることをオススメします。

ビットコインの価格はどこまで上昇するのか?


ビットコインへの資産分散を考えていく中で、ビットコインの価格がどこまで上昇していくのか気になるところだと思います。

昨年に比べたら、多少の乱高下はあったものの長い目で見ると常に右肩上がりを続けています。

ビットコインに投資をしている人の中で、長期的に保有している人は利益を得ていると思いますが、短期的に決済をしているトレーダーは、乱高下の中で振り落とされた人もいるかもしれません。

というのも、ビットコインの取引と言うのは株式市場と違ってストップ高と言う概念がありませんので、値動きの材料が出てきた時は片方に値段が振れやすいのです。

ビットコインの価格が急騰するときと言うのは一気に上がっていきます。

そして価格高騰と言うのが更なる投機家の参加につながっていき、より良い形で価格上昇という循環が続いていることが予想されます。

そうなったときに、資産分散としてビットコインを保有する上で、どのような形で保有するのがいいのか?

これは、ビットコインがどこまで上昇するのかという、先のことまで考えて判断した方がいいでしょう。

ビットコインの可能性から考えて価格は上昇予想

ビットコインの価格上昇
一般的な通貨と言うものは国の中に発行している母体があって、その国の信用で成り立っています。

日本で1万円札について考えてみましょう。国が1万円の紙幣を1万円分の価値を持っているものとして流通させています。

1万円の紙幣を発行するためにかかる費用は20円です。差額である9,980円をシニョリッジ(通貨発行益)として国は得ています。

現在、国の借金は増え続けていますが、紙幣をたくさん刷ることによって国の借金が減っていく理由がここにあります。

世界中で同じことが行われているわけですから、国というのは通貨発行権によって悪びれもせずにシニョリッジを取りつづけているのです。

そうなってきた時に、発行するための母体を持たず、ピアーツーピアーの取引ができるビットコインに注目が集まり、現状の国のやり方に不満を持っている人たちが参入することで、世間を覆す可能性があると思います。

こういった可能性があるため、これからもビットコインの価格は上昇してくると考えられます。

じゃあどこまで上昇するのか?というと、占い師ではないので未来は見えません。結果と言うのはその時が来るまで誰にでも分かりませんからね。

仮想通貨関連の情報と言うものは、分からないことがまだまだあるため詐欺的な案件も良く目にします。

そういった情報に引っかからないためにも、知識を身につけて正しい情報を手に入れましょう。

ビットコインの勉強・参入するなら早い方が良い理由


ビットコインについてニュースなどで取り上げられることがあり、ヤフーのトップページでもたまに記事としてみかけるようになってきました。世間的には認知度はまだまだですが、じわじわと注目され始めている感じはあるのではないかと感じます。

とはいえ、普通に生活していると、全然馴染みはなく怪しくて近づきたくないものと敬遠してしまいがちです。

そんな中でも、先を見据えて生活をしており社会情勢について情報を集めている人たちの嗅覚が鋭い人は興味をもって勉強しています。

「これからはビットコインは伸びてくるだろう」という声も聞かれるくらいですが、どうしてそうなのか?

仮想通貨・ビットコイン関連のビジネスはこれからは伸びてくる事業は、今のうちに勉強して参入することがチャンスになると言われていますが、なぜなのか?

そのことについて理由を考えてみたいと思います。

仮想通貨・ビットコインの知識を今から深めた方が良い理由

今のうちから仮想通貨やビットコインの知識を深めてビジネスに応用するチャンスを窺っておくことは、とても大切だと思っています。

現に管理人も2017年にはビットコイン関連のビジネスに大きな波がやってくると思って日夜勉強しています。

では、どうしてビットコイン関連の知識を今のうちから深めていった方が良いのでしょうか。

知識を深めた方が良い理由1:先行者利益

まず冒頭でも述べましたが、世間一般的に仮想通貨やビットコインと言うのは、まだまだ怪しいものと思われています。

そのため、誰も手を出したくないわけですから、早めに勉強して参入しておけば、世間で広まってきた時には後から参入した人と比べて大きな差が開いているでしょう。

そうなってくると、『先行者利益』というものが得られます。

これは何かというと、早めに参加したことによる特権というと分かりやすいでしょう。

情報と言うものには鮮度があり、それを使うのは早い者勝ちという部分もあります。

ライバルがいない段階から参入し始めるからこそ、市場を独占することができ、大きな利益を生み出すことができるのです。

知識を深めた方が良い理由2:共に学べる

仮想通貨やビットコインに関する情報と言うものは、まだ現在はそんなに溢れてはいません。

だからこそ、ビジネスを始めるにしても手探りな状態ですが、反対に言えば、今はまだ勉強する内容が少なくて済むと考えることができます。

これから参入してビジネスなり取引なりいろんなことをしていく中で、サービスも拡大していくでしょう。そうなったら、新しく追加で勉強するだけで良くなります。

もしも後から参入した場合には、一気に知識を深めていかないといけないために大変な作業になります。

管理人の本業も知識や技術が必要なものですが、昔と、管理人が学生のころと、今の学生のころと、勉強する内容や量がどんどんと増えていってます。

最初からすべての知識を得ておく必要はないと思いますが、最終的に同じ知識を持って自分のビジネスや資産として活用するのであれば、早いうちからコツコツと知識を蓄えておいた方が良いでしょう。

ビットコインの勉強を一緒にしていきましょう

今回の考えはあくまでも管理人の一意見ですので、いろんな考えがあっていいと思いますが、賛同してもらえるのであれば、一緒に学びを深めていきましょう。

最先端を行っている人はどんどんビジネスを拡大していっていると思いますが、そこの経験や知識を早い段階で手に入れて、自分たちにできるビジネスや資産構築に応用していくのが賢い方法だと思います。

是非とも、これからの時代をうまく乗り切っていくために資産運用の一つとして活用していきたいですね。

日本語対応暗号通貨取引所
メルマガ登録フォーム

ビジネッツLINE@

ビジネッツFacebookページ
最新記事