ビジネッツ-bizinets-のブログ目次

ビジネッツ-bizinets-

ビットコインの決済がインバウンドビジネスにも有用なワケ


ビットコインと言うのは通貨の一つとして認められますので、お金の送金や決済としても活用できます。

実際にアメリカなど海外では、商品を購入したときの決済手段としてビットコインでの支払いが可能なところはすでに増えてきています。

日本でも実店舗で使える場所と言うのは、2017年3月の時点で約450店舗くらいだと言われていますが、これから2017年いっぱいにかけて急激に増えていくことが予想されます。

となった場合に、ビットコインの価値と言うものはどんどん上昇してくるでしょう。

そして、ビットコインを使った取引というものが当たり前の時代となり、都会だけでなく地方でも活用できるようになります。

その一つの有用な使用方法として、インバウンドビジネスがあります。

インバウンドビジネスへのビットコインの活用

インバウンドビジネスと言うのは、海外からの旅行客を相手にしたビジネスのことです。

少し前に中国の旅行客が日本に来て大量の電化製品や化粧品などを百貨店で大人買いしている姿をテレビなどで見たことがあるかと思います。

そして、世間で ” 爆買い ” という言葉が流行ったと思いますが、このように日本にやってきた外国人を相手にしたビジネスをインバウンドビジネスと言います。

日本にやってくる外国人観光客と言うのは、どんどん増えて言っているようで、2016年に大ヒットした映画である『君の名は』の舞台となっているロケ地を巡礼するブームもあるそうです。

こういったロケ地と言うのは案外地方にあります。

今では、東京や大阪と言った都会だけでなく、日本の古き良き伝統を楽しむために地方にやってくる外国人観光客が多くなっているようです。

そうなったときに、地方を訪れる外国人観光客が、観光地でお土産を買っていく割合と言うのもどんどん増えていくことでしょう。

これをインバウンドビジネスのチャンスとして取り込んでいく企業と言うのが、この先大きくチャンスを活かして伸びていく可能性があります。

ビットコインなど仮想通貨を使った決済がチャンスに

外国人観光客が地方にやってきた時に、ビットコインなどの仮想通貨を使った決済というのは大きなチャンスになります。

アジア通貨の両替手数料は非常に割高です。

ビットコインには両替手数料と言う概念は存在せず、外国の通貨から日本円に両替しなくてもビットコイン同士で決済できればスムーズですよね。

これは日本だけでなく、世界中で需要がある話であり、ビットコイン決済と言うものがどんどん広がってくるでしょう。

インバウンド顧客の囲い込みと言う観点から、ビットコイン決済というのは必須の決済システムになると思います。そして誰もがビットコインを普通に所有する時代が来るわけです。

これも結果的にビットコインの価格を押し上げる一要因になるわけです。

あくまでも、この流れは予想の段階なので、現実に起こっているわけではないですが、勉強すればするほど可能性の高さを感じずにはいられません。

ビットコインと聞いても、世間的にまだ怪しいものとしか思えないでしょうが、可能性の高いものと言えます。

早い段階で勉強して知識を蓄え、自分のビジネスに応用していけば大きなチャンスをつかむことになりえます。

そのためにも、一緒に勉強していきましょう。

ビットコインに続いてイーサリアムが高騰中!


ビットコインの価格が昨日のアメリカ証券取引委員会のETF否決で一時的に下落したものの、14万円手前で推移していますね。

そして、ここに来て別の仮想通貨であるイーサリアムの価格が上昇してきています。

もともとイーサリアムと言うのは、ビットコインに続いて信用の高い仮想通貨として考えられていますが、仮想通貨の中でイーサリアムも今後は伸びてくるかもしれませんね。

というのも、以前記事で少し取り上げましたが、ビットコインの価値がどんどん高くなってきて取引量が増えると、トランザクションの処理問題を解決するためにマイニング報酬を増やしていくので、手数料が高くなってしまい少額の決済手段としては使いにくくなります。

※こちらの記事を参照

そうなってきた時に、少額決済に向いていないビットコインをカバーするために、仮想通貨の中ではイーサリアムが少額決済の手段として台頭してくるのではないか、という構図があり得そうです。

でも、それなら電子マネーでも良いじゃないかと思われるかもしれませんが、やはり仮想通貨ならではの手数料の安さと取引のスピード、そして安全性の観点から今後は仮想通貨が着目はされるでしょう。

そして海外送金と言う観点から考えたときは、取引手数料や送金手数料が少なくて済むため、国際間の取引ではどんどん活用されてくると思います。

とはいえ、先のことは誰にも分かりませんから、しっかりと情報で武装しておく必要がありますね。

今はイーサリアムが伸びてきているようですが、他にもたくさんの種類の仮想通貨がありますので、何が使われるようになってくるのかは分かりません。

そして、ビットコインを始めとして仮想通貨が流通することになると予想はしていますが、これもどうなるかは分かりませんからね。

ビットコインに関しては発行している母体がないわけですから、世間的な信用で価格形成されているわけで、この信用がゼロになってしまったら、価値がなくなります。

そうなってくると、ビットコインを保有しているだけで損になるということです。

まぁ、そんなことは起きないという前提で話を進めていますし、世界情勢をみていても富裕層がビットコインに着目しているわけですから、価値がゼロになることはないと思っていいでしょう。

そういったことも、3月18日(土)の勉強会で、一緒に学んでいけたらと思います。

参加希望の方はコチラから申し込みをしてください。

ビットコインを海外送金として活用するメリット


ビットコインと言うのは、日本銀行のような通貨を発行する中央銀行が存在せず、ピアーツーピアーの取引によって送金することができます。

そんなビットコインですが、外国人労働者が母国にお金を送金するときに活用することで、すごくメリットを得ることができると考えられます。

というのも、ピアーツーピアーでの取引ですから間に仲介するものがなく直接お金のやり取りができるため、取引手数料と言うものがほとんど発生しなくなるからです。

普通だったら、日本から海外に送金するときと言うのは、銀行を介してお金が動います。その時に、莫大な手数料を銀行にとられてしまいます。

仮に1万円を海外送金しようとしたときは、4,750円もの手数料が発生してしまうため、実際に送金した金額の半分しか母国へ仕送りすることができません。

海外からせっかく出稼ぎに来て稼いだお金なのに、半分が銀行にピンハネされるわけですから、手数料が安い方法で送金できるに越したことはありません。

少額決済であれば、ペイパルで送金する方法もありますが、双方がアカウントを持っていなければなりませんし、これも中間業者を介しているわけですから手数料が発生しています。

結局は送金に手数料がかかるのであれば、いかに安く抑えることができるのかが問題となり、手数料が安くて利便性の高いビットコインがこれから普及してくることは容易に予想ができるでしょう。

これからの外国人労働者の状況とビットコインの有用性

管理人が住んでいる地域は瀬戸内海の沿岸部であるため造船所が数多くあり、そこには外国人労働者が出稼ぎに来ています。

特にフィリピンやインドネシアなどの東南アジアからきている人が多く、母国に残した家族の生活費を稼いで実家に仕送りを送っているわけです。

また、働く場所と言うのは造船所だけでなく、スナックであったりパブだったりするわけです。管理人が以前行ったことのあるスナックにもフィリピンから出てきた人が働いていました。

そのスナックに何回か通った時に、母国からそこで働いていたフィリピン人の母親が遊びに来ていましたが、日本のことをすごく好意的に感じていて、母国にいる自分の娘はどうか と誘われてしまいました(笑)もちろん断りましたけどね(^^;)

まぁ、それだけ日本と言う国は外国人からしたらお金を持っている民族であり、そこで働くことで母国に残した家族を養えるだけの収入があるということでしょう。

日本経済を考えたときには、福祉サービスやコンビニ、居酒屋の夜間の仕事と言うのは人手が足りません。

Amazonなどのネット通販が普及してきたために、宅配業者も深刻な人手不足であり、クロネコヤマトの宅急便もブラック企業化しているという話もあります。

だからこそ、こういった労働力を海外から安く受け入れるということは日本社会を活性化するためには大切なことだと感じます。

政府としては外国人労働者の受け入れに対して、どういった対応をとるのかは分かりませんが、日本経済の活性化を考えれば外国人労働者と言うのは増えてくる可能性は高いでしょう。

そうなったときに、お金の送金手段と言うのはどういうものが使われるようになるのか?

ビットコインの認知度がどんどん高まってきて、普通に世間で活用されるようになるのではないでしょうか。

この可能性に関しては現段階では管理人の意見ですのでどうなるのかは分かりませんが、この部分も勉強していって理解度を深めていけたらと思います。

3月18日(土)13:30~ 広島県の福山市西部市民センター第2学習室にて仮想通貨・ビットコインの資産運用セミナーを開催します。

参加希望の方はコチラから申込できます。

ビットコインETFは否決されたけど、ビットコインの価格は安定


昨日の午前中にアメリカ証券取引委員会にて、ウィンクルボス兄弟のビットコインETFは否決されました。

その影響を受けて、一時的に2万円ほどの値下がりをしましたが、今は14万円近くまで回復しています。

まぁ、そんなものだと思います。

というのも、そもそもETFが否決されたからと言って、ビットコインの価値が否定されたわけではないですからね。

今回、ETFが認められていれば、確かに一般の投資家に対してビットコインの認知度が上がります。

ビットコイン自体がまだよく分からないものですから、市場で扱われることになれば、信用が上がることでしょう。

また、ビットコインに投資するための敷居が下がります。

ビットコインの取引は、現在両替所でしか行われていません。

ビットコインのETFがあれば、受益証券になるために参加しやすくなるのです。

ただし、今回の件で、ビットコインの価格は何も変わってないわけですから、ビットコインへの信用度と利便性が世間でどんどん認知されていけば、価格はこれからも上昇を続けると考えられます。

まだまだビットコインについて分からない人が多いですから、今から勉強して、ビジネスなどのチャンスに繋げていきませんか?

3月18日(土)の13:30~、福山市西部市民センター第2学習室で勉強会を行います。

是非とも参加して、学びを深めていきましょう。

参加はコチラから申し込みをしてください。

ビットコインのETFがアメリカで否決に!市場の動きは


日本時間の3月11日(土)6時頃にアメリカ証券取引委員会がウィンクルボス兄弟のビットコインのETFがアメリカで否決されました。

これは、「Winklevoss Bitcoin Trust」という金融商品で、この商品が認められれば世界初のビットコインETFとなり、金融市場においてのビットコインの存在価値が高まると期待されていました。

その期待感もあり、ここ最近はビットコイン価格が上昇していましたが、今回のアメリカでの否決をきっかけに、1BTC14万円だったのが、12万円まで大きく下落してしまいました。

管理人としては、今年初旬の10万円近くまで下がることも予想していましたが、思ったほどの値下がりではなかったです。

この理由として考えられるのは、今回はビットコインの課題が残って金融市場で否決という結果になりましたが、長期的に考えたときのビットコインへの信頼はまだ残っているからだと思います。

そのため、下落した後の買い支えや今回の下落をビットコインの追加購入のチャンスと考えている人もいるのではないでしょうか?

短期的にビットコインの売買を行っていると、今回のような大きな値動きに対して敏感になりがちですが、マイニングへの投資はビットコインの価値自体がなくならない限りは大丈夫だと思っています。

この辺りに関しては、管理人個人の見解ですので内容を保証するものではないですが、しっかりと知識を身に付け世界経済に目を向ける習慣をつけて自分で考えられるようになるのが良いのではないでしょうか。

そのためのきっかけとして勉強会をご活用ください。

参加希望の方はコチラから応募をお願いします。

ビットコインへの資産分散のタイミング


ビットコインに関する大きな動きが起きる可能性があります。

アメリカのウィンクルボス兄弟の「Winklevoss Bitcoin Trust」が、BATS Global Exchangeに申請が認められるかどうかの回答期限が迫ってきているからです。

元々は、NASDAQへの上場を目指していました。

しかし、申請を保留され続けたことによって、進展がないと悟ったウィンクルボス兄弟は、NASDAQへの上場申請を取りやめてBATS Global Exchangeに乗り換えたのです。

アメリカSECの回答期限はアメリカ時間の3月11日(土)で、結果はその前日の10日に公表される可能性が高いと市場関係者は予想しているようです。

もしもこの申請が認められて、Bitcoin ETFがアメリカ市場で上場することになれば、ビットコインの価格は大きく急騰して、20万円を超える展開になるかもしれません。

しかし逆に申請が拒否されるようなことがあれば、ビットコインが暴落するリスクがあります。

とはいえ、現状の流れと市場関係者の話からして完全に拒否されることは限りなくゼロに近いということだそうです。

大筋の見解としては、今回認められるか審査が延期になるか、、、というところです。

今回認められて、ビットコインの価格が上昇し、さらに世間で注目を集めるようなことになってきたら、ビットコイン関連の案件に参加する人たちが一気に増えてくるでしょう。

ということは、この情報が流れている現段階でビットコインの案件に参加することが最良のタイミングなのではないでしょうか?

ビットコインの価格が上がることを予測して単純に保有しておくだけでもいいかもしれませんが、仮に下がってしまった時の精神的負担と言うものを考えてみたときに、あまりオススメはしません。

やはり、マイニングに対して投資を行っていくことが、短期的な値上がりに一喜一憂しなくてもいいという点から考えるといいと思っています。

とはいえ、マイニングと言うのはどういうものか?

また、どうやってマイニングに参加するのか?ということも分からないと思います。

この点に関しては、知識や情報がないと分からないと思いますので、まずは勉強会に参加して一緒に勉強していきませんか?

3月18日(土)13:30~ 広島県の福山市西部市民センター第2学習室にて仮想通貨・ビットコインの資産運用セミナーを開催します。

参加希望の方はコチラから申込できます。

ビットコインがどういう決済手段として使われるか


2月の月末頃に、ビットコインのトランザクション問題が起きたことをお伝えしたことを覚えていますでしょうか?

よく分からない場合はこの記事ですので、一度目を通してみてください。

⇒ ビットコインのトランザクション問題

上記の記事でも述べていますが、ビットコインのトランザクションの未処理数が10万件を超えてしまったために、ビットコインの機能停止が懸念されていました。

しかし、見事にビットコインの未処理数が解決したわけです。

これは、ビットコインの送金者がマイニングを行っている人たちに手数料を支払うことによって処理速度を上げていった、ということです。

そのため、送金手数料が以前よりも多く必要になってきているわけです。それがどういうことなのか、考えていきましょう。

ビットコインの送金手数料が高くなるとどうなるか?

ビットコインと言うのは通貨を発行している存在がなく、個人と個人が直接やり取りをして決済が行えるものです。

個人と個人の間に何も介さない通貨なので、送金手段として手数料を最小限に抑えることができることが目的となっています。

そしてクレジットカード決済のように何カ月後かに入金されるわけでなく、素早く資金の移動が行えるわけです。

現在、ビットコインの価格が上昇して取引量も増えてきているのは、ビットコインへの信頼性が高まっているからであり、決済手段として便利だと思っている人が増えていることを表していると言えます。

だからこそ、多少の手数料増加があっても利用する人は増えているんです。

ただし、少額決済に対しての利用は難しくなるでしょう。

昔でいうところの、路上で歌を歌っている人に対する投げ銭のように、寄付や小口のカンパのような役割には適さなくなります。

そうなってくると、100円以下のような少額決済にはビットコインの有用性がなくなってきます。

だからと言って、ビットコインが使えないのか・・・というと、そうではありません。

ビットコインに関しては、商品を購入したり送金したりと言った活用方法が十分にあるわけです。

少額決済が必要な場合には、他の仮想通貨を使えばいいだけの話なのです。

少額決済に使える仮想通貨に関しては、少額の決済に利用することが目的になるので、たくさんの金額を保有しておく必要はないです。

だからこそ、たとえハッカーに狙われたとしても少額ですので、大金とまではいかないでしょうし、そうなってくるとハッカーに狙われるリスクも少なくなります。

なので、少額決済用の仮想通貨はブロックチェーンの計算式がビットコインほど複雑でなくても良くなるわけです。

ビットコインを中心とした仮想通貨が浸透し始めてきているからこそ、こういった展開になっているわけで、使用目的によって仮想通貨を変えていくようになってくることも考えられます。

その中でもビットコインと言うのは、商品の購入や送金などの主流な決済手段になってくるのではないかと考えられるのです。

ビットコインの相場変動に左右されないために


ビットコインを投機的な目的で活用している人は結構いると思いますが、投資として考えた場合、やはり値動きに対して敏感になると思います。

ビットコインを使って儲けるためには、買った金額よりも高い値段で売ることができればいいわけですから、ビットコインの価格がどのくらい上がるのかを期待して相場をみていくと思います。

確かに、今までは長期的に見てみるとビットコインの価格は右肩上がりを続けているわけですが、短期的な値動きは常に乱高下しています。

常に上がっていくだけであれば、どのタイミングから入っても確実に儲かるわけですし、ずっとワクワクしていられますが、一度価格が下がってしまったら、相当ドキドキして精神衛生上良くないでしょう。

しかも、投資と言うのは先が読めません。誰も未来が分かる人はいませんので、どうなるかは結果が出るまで待たなくてはいけません。

結果的に上がって終わったとしても、その間が上がったり下がったりの連続であれば、精神的に疲れてしまいます。

いくらお金が儲かるからと言っても、そんな状態が長く続くことはできれば避けたいですね。

ビットコインが暴落する可能性があるという情報を入手

とある情報筋から得た話ですが、3月10日から3日間で大きく相場が変動するようです。

大統領選挙並みの値動きがやってくる可能性があるとまで言っています。

この情報が正しいかどうかは、3月9日の現時点では分かりませんが、あと3日もすれば答えがでるでしょう。

では、この情報をもとにどのように動くのか?これは個人が自己責任の下で自分で考えて行動する必要があります。

確実に未来の分かる人なんていませんから、情報の正確性は保証できません。

ただ仮定として考えてみると、今の段階でビットコインを現金化すれば14万円の利益になります。明日から下がった場合には損をすることはないでしょう。

逆に現金化してビットコインが値上がりすれば損になるかもしれません。

これは当たり前の話ですが、結果が分からないからみんな悩むし不安になります。

ただしこれはあくまでも短期的な視点に立った場合のことです。

10年後には今よりも価値が10倍になっていれば、この3日間のことと言うのは意味がありません。

だからこそ、ビットコインが将来的に値上がりするという確信を得るための勉強や情報収集をしていけば、今回の情報に振り回されることなくどっしりと構えておくことができます。

ビットコイン保持者にとって大打撃を受ける出来事とは?

ビットコインの一時的な値段の乱高下というのは、長期的な視点にたったら大したことではありません。

では、ビットコインを保持している人にとって、もっとも大きな打撃を受けることとはなんでしょうか?

それは、ビットコインの信頼性がなくなり価値が0になってしまうような現象が起きることです。

この可能性は起きないとは言い切れませんが、現実から考えるとビットコインの価値が0にはならないと思います。

そのことについては、ビットコインの特徴や世界経済の流れを考える必要があります。それらを勘案してビットコインは今後も伸びていくだろうとう考えです。

ということは、ビットコインを保有していて大打撃を受けるということはないわけですね。

まだ世間の人たちが大々的にビットコインを使用していない段階であり、これからどんどん普及していく新しい通貨です。今の段階から保有しておいた方が先行者利益を得ることができるのでいいと思っています。

そんなビッコインをどのように手に入れて、どのように保管するのが一番効率がいいのか、ということについて勉強会を開催しています。

3月18日(土)の13:30~ 広島県の福山市西部市民センター第2学習室にて行います。

参加希望の方はコチラからご応募してください。

ビットコインの保有による資産の格差が出現する可能性


ビットコインの値段は2017年3月8日現在、14万3,000円をつけており、14万5,000円前後を推移しています。

今年の初めに10万円台だったのが、14万円台になっているわけですから、3か月の間に4万円も値上がりしているわけです。

現在のビットコインの取引というのは、投資家たちによる投機的な動きによって売買されているわけですが、今後は一般的な人も生活の中で使用することになってくれば、売買が行われるかもしれません。

また、ビットコインが普及し始めれば、いろいろなものの取引がビットコインになっていくことも予想されます。

それに伴いビットコインの需要が高まって価値が上がってくると、取引所での売買でビットコインを手に入れることが難しくなってくるでしょう。

現在の通貨でビットコインを買うことになりますが、通貨の価値自体が下がって、ビットコインの価値が上がるわけですから、今よりも1BTC当たりの相場が高くなっているはずです。

ですので、現在ビットコインを保有しておくことが将来の大きな資産形成に役立つことになるかもしれません。

ビットコインを持つかどうかで資産額が変わる

金 今であれば、1BTC15万円で購入することができます。

しかし、とある経営者は今年の終わりには1BTC40万円近くまで上昇するという見解をしています。

同じ金額を出して手に入れられるビットコインの量というのは、今よりも今後は少なくなってくることが想像できます。

そうなってくると、早い段階でビットコインを保有しておくことが、将来の値上がり益が狙えたり、資産構築につながったりするのではないでしょうか。

今まではお金や財産をたくさん所持している人ほどお金持ちと言われていましたが、これからはビットコインをどれだけ持っているかが資産家と言われるのかもしれません。

ビットコインが流通し始めて、一時的な価格の下落はあったもののビットコインの価格と言うのは右肩上がりを続けています。

ザックリとしたことを言えば、ビットコインを保有していてこれまで損をした人はいないということになります。

どのタイミングでビットコインを買っていたとしても、一時的に値下がりしたときは保有していて、また値上がりして買値よりも高い値段で売れば儲かっているわけですから。

だからこそ、今後も伸びる可能性が高いビットコインを保有しておくことが将来の資産形成につながると考えられるのです。

ここでビットコインを保有するかどうかによって、将来の資産額に差が生じるかもしれません。将来的に格差が生じてしまえば、どんどん差が広がって二極化が起きてくると考えられます。

この流れに関しては、金融資本社会の中で国や行政もどうすることもできないでしょう。自分の資産は自分で守っていくしかありません。その手段の一つとしてビットコインがあり、仮想通貨の可能性から考えると大きな資産へとつながっていくのではないでしょうか。

ビットコインが怪しいと言って何も行動しないことがリスク

ビットコインを購入することに不安を覚えて、何もしないでいることで自分の資産を安全に守れると思っていたら足元をすくわれるかもしれません。

というのも、これからは通貨の価値が下がってくる可能性がとても高いのです。

通貨の価値が下がっていくということは、何もしなくても資産が目減りしていくことを表しているわけですから、自分の資産を守れていないことになります。こうしたことを考えてみると、資産価値の上がっているビットコインへ資産分散しておくことは悪い選択肢ではないでしょう。

不安に思って何も行動を起こさないことによるリスクを考える必要があります。

自分の資産を守っていくためにも、今一度世界経済のことを理解していくとともに、仮想通貨の知識も深めていきましょう。

そのための、勉強会を3月18日(土)に広島県の福山市西部市民センター第2学習室で行います。

お近くにお住まいの方は、是非とも参加して一緒に学びを深めていきましょう。

参加希望の方はコチラから応募をお願いします。

日本語対応暗号通貨取引所
メルマガ登録フォーム

ビジネッツLINE@

ビジネッツFacebookページ
最新記事