ビジネッツ-bizinets-のブログ目次

ビジネッツ-bizinets-

ビットコイン以外の詐欺的な仮想通貨が横行中


ビットコイン関連の勉強をしていると、様々な詐欺的な仮想通貨やコインの話が湧いて出て来ます。いわゆる、仮想通貨を投資の対象として活用するお話を良く聞きます。

仮想通貨と言うものは将来性が高いものの、現段階ではハッキリと明確に使えるものと使えないものの差が出ておらず、世間にもまだまだ浸透しきっていないため、投機の対象としてみられている感じが強いですからね。

ビットコインの値動きも投機的な動きによるものが多いです。

そこをうまく利用して詐欺をしようと考えている人が多いのでしょう。

どんなビジネスにも言えることですが、仕掛ける側が一番儲かる仕組みを作ることができるわけですから、お金に目がくらんでいる人は仕掛ける側に回るでしょう。

そして、そのようなうまい儲け話に簡単に乗ってしまう人の脳みそも溶けているのではないかと思いますね。

毎日投資した金額の1%が入ると思いますか?

スマホで詐欺 詐欺的な仮想通貨の案件の中ですごいものが、毎日1%の利回りを得られる、というものです。

日利1%ですから、年間に直すと365%と言うことになります。

ハッキリ言ってそんなおいしい話が世の中にあると思いますか?

管理人だったら、誰にも言わずに自分だけニンマリしながら毎日お金が入ってくるのを楽しみに仕事もせず暮らします。

当たり前ですよね。そんなおいしい話を人に譲って破綻してしまえば、自分の儲けが減ってしまうわけですから。

こういったことを考えずに、単純に目先の利益だけを求めていく様を見ていると、人間の欲の深さを思い知らされます。

仮想通貨について良く理解もしていないのに、なんとなくそれらしい話を聞いてついつい信じてお金を入れてしまう。そして、少しでも聞いた話の通りにお金が入ってくると、それが永遠に続くように思ってしまって何も疑わなくなります。

だから、得られたお金を再度つぎ込んでいって、最終的には投資したお金を溶かしてしまうのです。

仮想通貨と言うのは誰にでも作ることができるようですので、新しいからとか値上がりがすごいという話だけで飛びつかないようにした方がいいでしょう。

ビットコインの詐欺案件もあるので要注意

ビットコインの詐欺 仮想通貨の中でも比較的認知度が高く、流通量も多いビットコインですが、このビットコイン絡みでも詐欺案件が多いようです。

マイニング案件を絡めつつ実態は最初から騙すことを目的とした案件のものが多いですね。

そういったものは、難しい言葉をたくさん並べて、目くらましのように言葉巧みに最新の投資スキームを使っているかのように紹介されています。

実際にマイニングを行っていた人から聞いた話ですが、マイニングと言う作業は非常に難しいようです。

年間の利回りと言うのは、どれだけ効率よく行ったとしても50%程度しかありません。

そして、マイニングを続けていくためには、常に新しいマイニングマシンを購入していく必要があります。

マイニングに関して結論から言えば、世界最大手の機材メーカーやチップメーカーとの強い関係性がなければ続かないようなのです。

そういったメーカーとの関係性がないとマイニング事業は成功できませんから、はっきり言ってインサイダー取引のようなものです。

そういう裏付けのない無名の会社や投資グループに投資したところで、いい結果が出ることはないでしょう。

ビットコインの詐欺案件を見抜くために

ビットコインと言うのは、どの会社がどれだけマイニングに成功したのかという情報が、日々公開されています。

もしも、ビットコインのマイニングに関する案件が来た時に、マイニング結果としてウェブ上に名前が挙がっていないものは全て詐欺だと思った方がいいでしょう。

「大手マイニング会社にいくつか分散投資をしている」という謳い文句で投資を勧めてくるところもあるようです。

そのときは、どこにどういう割合で分散しているのか、さらに毎日どれだけのマイニングをビットコインで得ているのか、を明確に応えてもらうといいでしょう。

その案件で言われている利回りと、実際に分散投資した場合に得られるであろう予想利回りを比べたときに違っていれば、必ず何も言えなくなるでしょうからね。

「大手マイニング会社に分散投資している」なんて案件は実際に存在しないのですから。

こういった案件には引っかからないように注意していきましょう。

3月18日(土)の13:30~、福山市西部市民センター第2研修室で仮想通貨・ビットコインのセミナーを開催します。

ビットコインには将来性があるので、この機会にしっかりと正しい知識を身につけて、このような詐欺案件から身を守る力をもちましょう。

参加希望の方はコチラからご応募ください。

ビットコインの普及による世界のキャッシュレス化の流れ


ビットコインがどんどん普及してきて決済手段として活用されるようになってくればどうなるのか?

今までの紙幣や硬化が使われなくなり流通しなくなります。

今でもスウェーデンがすでにキャッシュレス化の流れが進んでおり、支払いなどの決済で紙幣や通貨が使用される率が全体の2%となっているようです。

日本でも、SUICAやICOCAなどの電子マネーが普及してきており、コンビニや自動販売機でもiDを利用して小銭を使わなくても欲しいものが買える時代になってきています。

管理人も普段の生活の中で、カードを使って決済する機会が増えてきました。

この流れから考えていくと、今後はビットコインが決済手段の一つとして利用されてくることを感じます。

お金の支払いで一番面倒くさいのは、小銭の支払いです。

財布の中から小銭を探して、枚数を数えて支払うわけですが、あと1枚足りずに紙幣を出して財布の中が小銭でパンパンになったことはないでしょうか?

電子マネー
また、電車に乗ろうとしたとき、時間がなくて急いでいるのに券売機で小銭を出して一枚ずつ投入していくときの焦りと言うものもなくなるでしょう。

こういったものは、自分の気持ちの持ちようや行動の仕方によって特に問題と感じない人もいると思いますが、それにしても便利になると思いませんか?

高速道路で利用するETCにしても、ETC搭載車でずっと高速道路を乗っていたのに、急に人の車を使って高速道路を使った時にETCがなくて料金所で待たされたことがあるので、キャッシュレスで行動できるということは、とても便利なことだと思います。

ビットコインや電子マネーによる現金離れによる弊害

自動販売機の電子マネー 今後の流れを考えると、ビットコイン決済もごく普通に行われるようになるでしょう。

LINE Payのような決済も盛んになると思われます。

現に、中国ではウィーチャットPayと呼ばれる決済が流行っているようですからね。

現金離れが加速していくと、余計に紙幣価値の下落に対して鈍感になってくるかもしれません。

現金で決済しなくなるわけですから、自分の財布からどれだけお金がなくなっていくのかを実感できないからです。

こういった状況を作られて、紙幣の価値をどんどん下がって、国家の借金はどんどん積み上がってもマイナス金利が長期間続けば各国政府の負担も少なくて済みます。

世界が現在抱える問題解決には、このように人々に目隠しをするように現金決済からカードや電子マネーでの決済を行うように進めていき、お金の流れを一元管理することができるようにしていくのかもしれませんね。

こういったことから考えても、キャッシュレス化の流れがビットコイン利用を後押ししてビットコインへの分散が加速されていくのではないでしょうか?

今後の動向はしっかりと見ていく必要があると思います。

ビットコインへの資産分散を考える上で大切な中国バブル


ビットコインや仮想通貨を勉強していると、どうしても注目せざるを得ないのが世界経済についてです。

ビットコインと言うのは、インターネットがつながっている環境であればどこでも取引できて利用できるわけですから、日本の中だけにとどまらず世界の動向にも影響を受けています。

その中で大きな影響力を持っているのが中国人です。

管理人の知り合いに、世界中を駆け回っている人がいるのですが、その方が先日マカオに行かれたときに、中国からの大量の観光客を目にしたようです。中国の皆さんはド派手でヘンテコリンなファッションをしているようです。

日本においても”爆買い”という言葉が流行ったように、中国からの観光客が大量に押し寄せてきていましたが、日本に来るときはまだ大人しめの服装に見えるみたいですね。やはり、マカオにはカジノがあるため、ファッションへの気合の入れ方が違っているのでしょう。

管理人の知り合いも人目もはばからず、目が釘付けになってしまったようです。(笑)

中国は今のところバブルの状態と言ってもいい様子で、不動産価格が軒並み上昇しているみたいです。この中国バブルですが、だいぶ前から危険だという見方があるなかで、なかなか崩れていないんですね。

とはいえ、見る人が見たらリスクが一面で顕著化し始めているようです。

中国バブルは一体どこまで続くのか?

もうすぐ崩壊が始まるのか?

新たなバブルがもう一回り大きくできるのか?

こういった予想と言うのは、本当に難しいようです。

ただ一つ言えることは、人民元からの資産逃避が加速化している状況があります。そして、それに対する当局の防止策がどんどん強化されて行っているようです。

資産家による資金流出と当局による防止策の強化と言ったイタチごっこが続いていっているわけですね。

ビットコインの値動きと中国・各国の動き

今の状況については、アメリカのトランプ大統領は中国元安に対して文句を言っているようです。それに対して、中国当局が元安に向かっているのを買い支えることによって止めている構図があります。

どんどん中国元からの逃避が進んでいってるわけですからね。

この中国元からの逃避先がビットコインとも考えられますので、それによる取引の集中が起こっていき、2月末に起きたトランザクションの未処理数が出現したような状況ができるリスクが考えられます。

しかし、実は最近になって中国の取引比率が急速に下がっているようです。それに対して日本では取引高が急増しているようです。

今のビットコイン関係の流れを見ていると、世界各国ではビットコインの投機的な売買ではなく、スマホアプリの普及によるビットコインの一般生活での利用が増えていってます。

このことから、ビットコインの価格急落のリスクは、また一つ減ったと考えられるのではないでしょうか。

なぜならば、ビットコインを投機的なものの対象ではなく、生活の中で通貨として活用していく人が増えることで価格が安定してくるからです。

ただ、まだまだ流通量としては少なく、ごく限られていますから、今後も生活の中にどんどん浸透してくればさらに価格は上昇してくるでしょう。

ビットコインへの資産分散!

本当に今このタイミングですごく重要なことだと思います。

こういった情報は、なかなか世間で知られていないと思いますので、早いタイミングで気づいて行動した人が最終的に大きな権利を得ていくと思っています。

ビジネッツ-bizinets-でも正しい情報を発信していっています。

3月18日(土)の13:30~ 福山市西部市民センター第2学習室にて勉強会を開催しますので、コチラから登録して是非とも一緒に学んでいけたらと思っています。

ビットコインの価格上昇について(3月4日)


FRBが今月(2017年3月)利上げをする可能性が高くなったという情報が流れています。

これによって、日米の金利差が拡大し、今の水準からはドルに対して為替が円安に進んでいくことが予想されます。

118円~119円台への円安になる見込みです。

リーマンショック後の円高の時から考えると、すごく高くなったように思います。

2016年のトランプ大統領がアメリカの大統領選挙で勝利したときには円高に進んでいくのではないかなと思っていましたがそうではなく、どんどん円安に進んでいくみたいですね。

アメリカは今年は継続的に数回の利上げをすると思われます。それに伴って、円も125円くらいまで向かっていく可能性も考えられます。

経済の動きとしても、日経平均株価は高い位置で推移しているわけですから、現在は株高と言えるでしょうし、石油などの資源や金などの商品市況も高い状況です。

世界的にみると、中央銀行が紙幣をすることで市場にバラまかれているわけですから、紙幣の価値は相対的にどんどん下がっていると言えます。

そんな中で、ビットコインの価格が15万円をつけているわけです。

今年の1月に投機的な動きで一時的に15万円の値をつけましたが、そのときはすぐに10万円台まで下落してしまいました。

今回も15万円に達しましたが、前回のように急に暴落するようなことはなく、安定して推移しているようです。

前回は目標値である15万円を達成したことで投資家が下落させてしまいましたが、今回は目標として15万円を目指していたような値動きではなく、安定基調できています。

米ドル価格ベースでは過去最高値を更新し、ひとつの壁を越えたように思います。

こうなってくると、次の目標値まで値上がりしていくのも早いのかもしれません。

現在の米ドルで考えると1,280ドルくらいですから、次の目標値と言うのは1,500ドルではないでしょうか?

日本円で考えた場合には20万円くらいの値段をつけることになりそうです。

ビットコインを資産として持つことを考えているのであれば、いつ買うのかを迷っているのではなく、現在の上り基調の早い段階で手に入れることで大きな利益を得ることができると思います。

ビットコインの価格が上がるかどうかの判断は難しいところですが、今回のFRBの発表のように国際的な動きを見ていく必要があります。

そういった点にも注意をして仮想通貨を資産として持つための知識を深めていきましょう。

ビットコインを買うのであれば、早いうちが良い


ちょうど本日、2月18日(土)に開催したセミナーに参加された方と連絡を取っており、「1BTCが14万7000円になりましたね」ということを話していました。

その方は、ビットコインに興味をもっていたためセミナーに来られたわけですが、ビットコイン取引所に登録したものの、その後どうしていいのか分からずに放置していたんです。

そこで、セミナー時にビットコインの買い方を説明して、購入を促しました。

その時は1BTCが12万円台だったので、そこから考えると約2万円の値上がり益が発生していることを伝えると、なんと実はビットコインを買っていなかったんです。

というのも、「もっと値下がりしてから買おうと思っていたら、どんどん値段が上がっていったので、結局買っていない」とのことでした。

これってすごくもったいないですよね。

おそらく、ビットコインはこれからも右肩上がりで伸びていくという予想は容易につきます。

では、なぜビットコインの価格が上昇していくだろうと予測することができるのか、気になるところだと思います。


ビットコインの価格が今後も上昇し続けると思う理由

日本では、現在クレジットカード決済が浸透してきています。

ちょっと大き目のスーパーに買い物に行くと、クレジットカードの勧誘を受けますし、楽天カードなんかはテレビのコマーシャルでもインターネット上の広告でも良く目にします。

そして、最近になってapple payなどの電子マネーによる決済サービスも拡張してきているように感じます。

管理人のところにも、クレジットカードとapple payが連動して現金を持ち歩かなくても買い物ができるから登録しませんか、という勧誘メールがやってきます。

このことから考えられるのは、今後は現金決済よりもどんどん簡略化された決済方法が広まってくると思っています。

その一つの手段として有効なのが仮想通貨です。というのも、ビットコインなどの仮想通貨を利用すれば決済手数料を格安にすることができますからね。

そこに着目して、日本の有力な銀行である、三菱東京UFJ銀行も独自の仮想通貨の利用を考えているくらいです。

仮想通貨の代表といっていいものがビットコインですから、世界的に注目されて来ればビットコインの価格がどんどん上がってくるのも容易に想像がつくのではないでしょうか?

ビットコインを買うなら、今でしょ!

冒頭でも話したように、セミナーでビットコインの買い方を教えて、わずか半月足らずで約2万円の上昇しています。

もたもたしているうちに、どんどん値上がりしていってるわけですね。

そう考えれば、ビットコインを買うのであれば、早いうちがいいです。

値上がりしていくことが分かっているのに、安い時に買わなかったらせっかくのチャンスをみすみす逃してしまうわけですからね。

ですので、今回連絡をとってビットコインを購入していないことを聞いて、すぐにビットコインを買った方が良いというアドバイスをしました。そして本日アドバイスをしてビットコインを買ってから、僅かな時間でビットコインが15万円台に到達しました。

このように、チャンスを感じたのであれば早いうちに行動することが大切です。

とはいえ、ビットコインを購入して値上がり益を狙おうとすると、常にビットコインの価格変動が気になりますよね。値上がりする確率が高いと言っても相場に反応してしまいます。

しかし、ビットコインを得る方法として、取引所で直接ビットコインを購入する方法以外に、マイニングに参加するという方法があります。この場合には定期的にマイニング報酬としてビットコインを得ることができます。

これはマイニング事業に投資をするわけですから、ビットコインを直接購入するように、即時で現金化することはできませんが、結局は長期的に保有して値上がりを狙うわけです。だからこそ、長期的にみるのであればマイニングの方が将来的に価値がでてくるのでは、と思っています。

3月18日(土)のセミナーでは、マイニングについての話もしていきますので、興味のある方はコチラからぜひご参加ください!

ビットコインがトランザクション問題を解決して高騰中!


ビットコインが2017年3月現在、1BTC14万円台に高騰してきました。

今年最初に15万円まで上昇しましたが、一時的な値動きですぐに10万円台に下落しましたが、今回は堅調に価格が伸びてきています。

実は、2月24日(金)にトランザクションの未処理数が10万を超えてしまって、そのことによって一時的に値段が下がりました。というのも、取引数が増大すればトランザクションの数が多くなってしまい、ビットコインのトランザクションが許容を超えてしまうことでフリーズしてしまうことが懸念されたからです。

しかし、思いのほかビットコインの価格は大きく下がらず、すぐに上昇に転じていきました。そして、翌日の土曜日にはトランザクションの未処理数が下がり、通常の水準に戻ったのです。

どうしてそんなことが起きたのか?そこを突き詰めて考えていくことで、ビットコインの底力を知ることができるので、掘り下げていってみましょう。

ビットコインが大崩れしなかった原因とは?

トランザクションの未処理が1日たっただけで解消されて通常通りになったのにはちゃんとした理由があります。

ビジネッツ-bizinets-では仮想通貨やビットコインに対する情報のアンテナを張っているため、とある情報筋から情報を得ることができました。

それによると、「マイニング報酬の報酬レートを上げてマイナー側へのメリットを大きくすることでトランザクションの処理を促し、未処理だったトランザクション数を通常まで戻した」ということです。

これはどういうことかと言うと、ビットコインのマイニングで得られる報酬額を増やすことで、トランザクションの処理を行わせたと言っていいでしょう。

どうしてこのことが分かったのかと言うと、ビットコインの特性上、インターネット上で相互監視しているわけですから、マイニング会社にどれだけのマイニング報酬があるのかを誰でも確認することができます。

その中で得られた実際に得られるはずのビットコインよりも多めにマイニング報酬を得ていることから、マイニング報酬自体が上がっているのではないかと判断した結果です。

ここで疑問に思うのが、ビットコインの総数は決まっているのにどうして報酬額を上乗せすることができるのか、ということです。あくまで推測ですが、報酬で上乗せされた分というのは、取引時の手数料分が上乗せされたと考えればいいでしょう。

このことによって、ビットコインのリスクの一つである「トランザクション数が増加したことによる処理問題」が解決できる見通しがたったわけです。

今回の件は、ビットコインの優位性を証明するひとつの出来事になったわけですね。こういったことも、データは公開されているわけですから、しっかりと裏どりをすればビットコインがいかに将来性のある通貨になりえるのかということについて深く知ることができます。

まだまだ仮想通貨・ビットコインについて知らない人が多いので、今後の技術革新の波に乗り遅れることなく生きていくために、しっかりと知識を深めていく必要があるでしょう。

3月18日(土)に同会場の第2学習室にてセミナーを開催します。

仮想通貨やフィンテックについて知識を深めるためにもぜひとも参加してみてください。

参加希望の方はコチラから申込できます。

仮装通貨であるビットコインへ資産分散をして財産を守る


仮装通貨と言う言葉をご存知でしょうか?

「ビットコイン」という名前を聞いたことがあるかもしれませんが、ビットコインなどの現実の世界で存在しない通貨を仮装通貨と言います。

ビットコインと言うのは仮装通貨の中でも代表的なものであるため、とても有名になってテレビにニュースでも取り上げられるくらいになっています。

そんなビットコインですが、自分の資産を守るために活用できる可能性が高いため、ここで紹介させていただきます。

ビットコインと言うと、2013年ごろにMt.GOXという会社が破綻したことを受けて、新聞などで「ビットコイン破綻」という報道がなされたことを知っている人もいるでしょう。

こういった報道をそのまま鵜呑みにしてしまうと、「怪しいもの」という印象しか抱かないと思います。

でも、ビットコインについてよくよく理解していけば、Mt.GOX社に問題があったわけであり、ビットコインは何も怪しいものではありません。

ビジネスで成功するためにはマインドセットが大切


自分でビジネスをしていこうと思ったら、まずは考え方を磨く必要があります。

自らがビジネスオーナーとして主体となっていくわけですから、会社員のような人に雇われている状態の考え方から脱却する必要があります。

この考え方を身につけることを『マインドセット』と言います。

人間と言うのは基本的には怠け者です。どれだけ行動した方がいいと思っていても、率先して行動できる人と言うのは極わずかです。

例えば、小学生の時の夏休みの宿題のことを考えてみましょう。

計画的にものごとを進めることができるという人は、夏休みの最初に勉強の計画を立てて、その計画通りに

人間と言うのは目標がないんです。自分の心の通りに生きているわけです。

自分の信念があるといっても、自分の心を信じているわけです。

人間の心というのは、お盆の上に卵を置いているようなもので、「コロコロ」転がってしまうようにコロコロと移り変わってしまいます。

だからこそ、『必ず』という言葉は心に釘を刺して誓うわけです。

でも一般の人はすぐに釘が抜けてしまって、コロコロと流され転がされているわけです。

自分に本当に目標がないから真剣になれないんです。そして行動していても不安になってきて継続することができなくなるんです。

『これが一番』といったものが、ないことが人間が行動を続けられない理由なんですね。

では、どうしたらいいのかというと、まずは本当に大切なことを知ることから始めましょう。

人間と言うのは、お金が欲しければお金を儲けるための方法に飛びつくし、彼氏・彼女が欲しければ恋愛のノウハウを知りたがるでしょう。

ハッキリ言って、どれだけすぐれたノウハウがあったとしても、それを実践する人間の心がフラフラしっぱなしであれば、何の役にも立ちません。

だからこそ、最初に目的や方向性をハッキリさせておく必要があります。

たくさんお金があれば幸せになれるとは限りません。

自分が描いた目的に対して必要なだけのお金があればいいんです。

別に我慢して暮らす必要はありませんが、自分の欲に振り回されず周りに感謝をして生きていくことが幸せになるための最大のコツです。

そのためにビジネスをたてる必要があれば、とことん突き詰めてやっていけばいいわけです。

日本語対応暗号通貨取引所
メルマガ登録フォーム

ビジネッツLINE@

ビジネッツFacebookページ
最新記事