• ホーム
  • ビジネス
  • ネットビジネス初心者のためのSEO対策をする前に考えるべきこと

ネットビジネス初心者のためのSEO対策をする前に考えるべきこと

ネットビジネス初心者のためのSEO対策をする前に考えるべきこと

インターネットビジネスを始めると、最初にブログを作り始めることになるわけですが、最初の段階でノウハウも一緒に学んでいると思います。

ブログを書いて、インターネットの検索エンジンからの訪問者を増やすために必要なや要素として「SEO対策」という言葉が出てきます。

SEO対策をすることによってGoogleの検索エンジンで検索したときに最初の方にブログが表示されるようになるため、訪問者を増やしやすい、というものですね。

ネットビジネス初心者にとっても、最初から検索順位が上の方を目指したい気持ちがあるでしょうから、ノウハウに書いてあるSEO対策を実践したくなるのもよく分かります。

ただ、いきなりそれをやってしまうと思わぬ失敗を招きかねませんので、ここではネットビジネス初心者が行っていくべきSEO対策をする前に大切な考え方について書いていきます。

そもそもSEO対策とは

「SEO対策とはなんぞや」ということは、今さら論じる必要はないでしょうし、たくさんの人がノウハウを公開していますので、そちらの方が分かりやすいでしょう。

なので、ここでは端的に表現しますが、「Googleの検索エンジンで上位に表示させる作戦」ということですね。

で、SEOにも大きく2種類あって、サイトの構造を分かりやすくすることによるGoogleの評価を狙った内部SEOと、他のサイトから評価を受けているという判断材料になる外部リンクを活用した外部SEOがあります。

それらの手段を上手く活用して様々なサイトが検索上位を狙ってしのぎを削っています。

これは検索数が多くて成果に繋がりやすいキーワードほど激戦区になってきますので、初心者は激戦区は避ける方法が推奨されていると思います。

なので、初心者のSEO対策というのは、自分が戦える(上位表示を狙える)キーワードを見つけていくことになると思いますが、問題はここからです。

初心者が陥りがちなSEO対策しやすいキーワード選びの失敗

初心者、と一括りするのは大変申し訳ないので、あくまで私が陥った、と置き換えてもらえたらと思います。

自分が初心者の頃というのはキーワード選びがよく分かっておらず、最初は適当にブログを書いていました。

しかし、勉強していくにつれてですライバルの少ないキーワードを選んで、そのキーワードに対してSEO対策をしていくことが良いと分かりました。

ここまでは良かったのですが、私が結果を早く求めるあまり、「簡単に上位表示できるようなキーワードがないか」とキーワード選びにすごく悩んでしまいました。

同じようなノウハウが出回っているので、なかなか見つからないにもかかわらず、自分ならできると勘違いしたのです。

しかし、先程も言ったようにキーワード選びはみんなが使っているノウハウです。

ベテランのアフィリエイターであれば、ライバルの少ないキーワードを見つけて数少ない記事数でも上位表示させてしまうでしょう。

しかし、キーワードを選ぶ目や基準を持たない初心者が一生懸命選ぼうとしても分かるわけないんですよね。

だから手が止まってしまい、結局作業が進まない状況になってしまいます。

では、初心者はどうすればいいのか?

初心者のための戦略

初心者はキーワードをざっくりと決めて、とりあえず記事を増やしていくことです。

いきなり結果が出るわけない、という気持ちをもって長い目で対策していく心の余裕が大切です。

記事が増えるということは、それだけ訪問者がサイトを訪れる窓口が増えたということなので、どこからかアクセスがあるのを記事を書きながら待ちます。

そして、アクセスがあった記事を分析して、そのキーワードを少しずつ広げてSEO対策していく、というのが望ましいでしょう。

ただ、記事を書き留めていくにしてもある程度ジャンルやテーマは絞った方がいいと思います。

そこはサイトの設計の問題に直面することがなってくるのですが、、、

このようにして自分の中でデータと経験を蓄積していけば、自然とキーワードを見つける視点が生まれてきてキーワード選びが上手に早くなってきます。

SEO対策という言葉に惑わされず、最初の段階はしっかりと記事を書くという作業をこなしていくことを念頭に置いておけば、自然と芽が出てきます。

それまでしっかりと種まきを頑張っていきましょう!

関連記事
コメント
コメントを表示
コメント投稿

コメント ( 必須 )

お名前 ( 必須 )

メールアドレス ※公開されません ( 必須 )

サイトアドレス ( 必須 )

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

トラックバック
トラックバックを表示
トラックバックURL