• ホーム
  • ビジネス
  • 記事作成時にターゲットとする相手のペルソナを決めるときの考え方

記事作成時にターゲットとする相手のペルソナを決めるときの考え方

記事作成時にターゲットとする相手のペルソナを決めるときの考え方

インターネットビジネスで情報発信するとき、記事を書くことが一般的な方法になりますが、記事の内容を”誰に対して発言するか”ということがとても大切になってきます。

そこで登場する考えが「ペルソナ」を設定し、そのペルソナに対して伝えるように記事を書く、というものです。

しかし、ペルソナを設定するのもなかなか難しい、と思ってしまいがち。

今回は、そんなペルソナの設定方法と考え方について述べていきます。

情報発信とペルソナの関係について

情報発信ということを考えたとき、つまるところ「誰か」に「何か」を伝えることが目的になります。あくまでも受け取り手がある中で情報を伝えていくわけです。

だからこそ、発信する情報の大枠が決まったとしても、ターゲットとなる相手に伝わるような記事でなければ読まれもしません。街中で人に声をかけたとしても、それが誰に対してかが明確でなければ誰も話を聞いてくれないのと一緒ですね。

そこで、アフィリエイトでよく言われている方法が、「ターゲット(話しかける人)を明確にする」ということ。ターゲットが決まれば、その人に対して説明するような記事にしてしまえばいいので、記事を書くのが少しは簡単になります。そのターゲットを決めるときによく使われるのが「ペルソナ」です。

ペルソナとは、架空の人のことで、ペルソナを作るということは、自分がターゲットとする架空の人を自分で作り上げていくことです。

ただ、ペルソナを作ると言っても普通に存在している人ですら一人一人違うわけですから、バリエーションがあり過ぎて設定するのに迷いがちなんですね。

しかし、ペルソナが決まってしまえば、あとはその人に対して会話をしていくように文章を書いていけばいいわけですから、作業をスムーズにできますし、伝わりやすい文章を書くことができます。

そのため、情報発信をする上ではペルソナはあった方が良い、ということです。

ペルソナをどのように設定したらいいか?

それでは、実際にペルソナを設定していく上で、どのように考えていけばいいのかを述べていきます。

これはとても簡単なことで、ペルソナを決めるときは”自分”を対象にしてしまえばいいのです。

ペルソナを勝手に作り上げるといっても、先ほども述べたようにバリエーションが多くて難しいです。それに加えて、勝手に設定したペルソナというものは頭で想像したものに過ぎませんので、自分の想像以上の理解はできません。

それに比べて自分を対象にすれば「悩んでいること」や「知りたいこと」はまさに経験したことですから、その人のことをよく理解しているためしっかりと記事を書くことが出来ます。

自分の過去の経験を引っ張ってくる。そして、悩んでいた時の自分に対して現状の解決した自分がアドバイスをする。

実際に自分が克服したわけですから、しっかりと伝えることができます。

同じような悩みであっても、つまずいているポイントが違ったり、悩んでいることが違ったりすることもあるかもしれませんが、あくまでもペルソナと言うのは”一人”を対象にするものなので、それ以外のことは考える必要はありません。

そして、”一人”が対象だったとしても、同じように悩んでいる人と言うのは複数存在しているものです。

自分の経験を活かして、まだ悩んでいる人にアドバイスをするということは、人助けにもなることですから、情報発信は誇らしいことと感じるでしょう。

ペルソナ設定方法のまとめ

ペルソナ設定と言っても、難しく考える必要はなく、自分という身近な存在をフル活用して設定していけばターゲットを明確にしやすいです。

自分が参入しているジャンルが自分自身と合わないものであれば、自分の身近な人を設定すればいいでしょう。

何に悩んでいて、どんな解決をしたのかを聞くことによって、コンテンツをふやすことができますしね。

ペルソナをうまく活用しながらしっかりと相手に伝わる記事を書いて情報発信をしていきましょう。

関連記事
コメント
コメントを表示
コメント投稿

コメント ( 必須 )

お名前 ( 必須 )

メールアドレス ※公開されません ( 必須 )

サイトアドレス ( 必須 )

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

トラックバック
トラックバックを表示
トラックバックURL