• ホーム
  • ビジネス
  • リモートデスクトップの接続ができなくなったときにとった対処法

リモートデスクトップの接続ができなくなったときにとった対処法

リモートデスクトップの接続ができなくなったときにとった対処法

普段使用しているノートパソコンの液晶が壊れてしまったため、別のパソコンからリモートデスクトップで接続して使用していましたが、ある日使おうと思っていたら接続できなくなってしまいました。

 

 

そのときに、いろいろと調べた結果、なんとか解決することができました。

 

結論から書きますと、リモートデスクトップに接続するときのIPアドレスが違っていたため繋がらなかったわけです。

 

なんてことはない原因でしたが、どうしてこのようなことが生じてしまったのか、経緯を書いていきます。

 

 

リモートデスクトップの接続ができず右往左往する

 

今回の問題が解決されるまで、相当グーグルで調べまくったわけですが、先に述べたように原因だけ聞くとなんてことはありません。

 

では、どうしてこのような問題で右往左往したのかというと、今まで普通にリモート接続できていたからです。

 

それが、急に冒頭のようなエラーが表示されたわけです。

 

ここからがエラーとの勝負の始まりです。

 

リモート先のパスワードを確認

以前から普通にリモート接続できていたわけですが、急に接続ができなくなったため最初は接続するときのパスワードが間違っているのかと思いました。

 

そこで、リモート先のパソコンと行き来しながらユーザー名やパスワードの設定を確認しました。

 

それでも何も改善されないということで、今度はグーグル先生に答えを求めてみると・・

 

リモート接続するためにはアクセス許可設定を確認という記述をしているサイトを多く見たため、次はその確認に移りました。

 

リモートアクセスが許可されているか確認

リモートデスクトップが接続できないときのエラーの原因として、検索でよく見かけたのは、

・リモートアクセスの許可が設定されていないのではないか

というものがほとんどでした。

 

今まで接続できていたわけですから、この点に関しては問題ないと思いながら一応調べてみました。

 

スタートの「Windouws管理ツール」からコントロールパネルを選択し、システムとセキュリティ → システム → リモートアクセスの許可からリモートデスクトップの接続許可を確認しました。

 

 

上図のように誰も設定を変えていないわけですから、この点は問題なくきちんとアクセスを許可の設定になっていました。

 

うーーむ、、ここで完全に手詰まりになってしまいました。

 

何気なくリモート先のIPアドレスを確認してみると・・・

手詰まりとなったものの途方に暮れているわけにもいかず、Google先生にいろいろと尋ねまくると、「IPアドレス」という単語が出て来ました。

 

一度設定しているわけですから、パソコン自体のIPアドレスが変更になるわけがないという思い込みがありながらも一応確認してみると、なんと以前のもとの変わっている。。

 

これは完全に盲点でした。。。

 

今までVPSサーバーをリモート接続したときは、毎回最初に設定したもので常にリモート接続できていたので、すっかり勘違いをしていました。

 

なので、一応 『今回のようにリモートデスクトップ接続をしていたにも関わらず、IPアドレスが変更になって、急につながらなくなってしまうことはあり得るのか?』ということを調べてみました。

 

すると、Wi-Fiにつなぐ際にIPアドレスを変更しているようなのです。

原理は良く分かりませんが、ずっと同じIPアドレスだった場合、見ず知らずの人から接続されてしまう可能性があるため、そういう設定になっているそうです。

 

確かにずっと同じだった場合、パスワードを見破られてしまい勝手にパソコンに侵入されてしまう危険性があることは納得できます。

 

しかし、その点に関して変更しかどうかは分かりません。

そのため、リモートデスクトップ接続ができなかった場合は、毎回IPアドレスを確認する必要があると思います。

 

ちなみにIPアドレスの確認方法ですが、スタート画面から「Windouwsシステムツール」を開きます。

 

 

その中にあるコマンドプロンプトを選択します。

 

そして「ipconfig」という単語を打ち込んでENTERを押すと、以下のようにIPアドレスを調べることができます。

 

 

ということで、何とか今回は問題を解決することができました。(よかった。)

 

 

翌日も同様の現象が発生

後日談ではないですが、実は今回のリモートデスクトップの接続ができなくなった問題が起きた次の日も、繋がらなくなってしまいました。

前日と同じような現象が起きてしまったため、昨日の教訓を活かしIPアドレスを確認してみたところ変更されていました。

 

個人的にどうしてそうなったのかを考えてみると、”夜寝るときにWi-Fiの電源を切っていたからではないか?”という考えに至りました。

 

私は夜間 就寝中に電磁波の影響を極力抑えようとWi-Fiのコンセントを抜いて寝ています。

 

そのため翌朝にWi-Fiをつなぎなおすと設定が変わってしまうということなんでしょうね。

 

ちょっとした設定ミスに要注意

インターネットでビジネスをする以上、ちょっとしたパソコン関係の設定ミスなどで作業が大幅に中断してしまうのは本当にもったいないと思います。

 

それに、すべての問題を解決できるように勉強に時間を費やすのもビジネスからかけ離れてしまうため意味がありません。

 

今回のような現象が起きたときに、理由は良く分からなくても解決方法をしっていることがとても重要と考えます。

 

的確な解決策を選んで自分のビジネスに集中していきましょう。

関連記事
コメント
コメントを表示
コメント投稿

コメント ( 必須 )

お名前 ( 必須 )

メールアドレス ※公開されません ( 必須 )

サイトアドレス ( 必須 )

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

トラックバック
トラックバックを表示
トラックバックURL