BITFINEXのメンテナンスは何事もなく終了!今後の相場は?

BITFINEXのメンテナンスは何事もなく終了!今後の相場は?

昨日、BITFINEXがメンテナンスに入ることによる暗号通貨市場の影響について言及しましたが、メンテナンス中もメンテナンスが明けてからも今のところ市場に大きな影響はなく価格は推移しています。

メンテナンス前にポジションの減少がみられたため相場の急な変動によるリスク回避のためにポジションをいったん解消したのではないか、という見方ができます。

では、これから2019年の相場が本格的に始まっていくわけですが、一体どのようになるのでしょうか?

ビットコインの価格は4,000ドルを越えてきており、どちらかというと価格が上昇していきそうなトレンドになっています。

しかし、このまま順調に右肩上がりで価格が上昇していくかというと、そうとは言い切れない部分があります。

実際に、暗号通貨市場への新規参入が増えているわけでもなく、取引高が増えたことにより売買が活発になったことで価格が動いているわけですからね。

日本政府の投資家保護の一環として金融商品取引法や資金決済法の改正が進んて行くとことや税制がもっと緩くなるなどの法整備が整っていくことで、投資家が暗号通貨市場に参入しやすくなり価格を押し上げることにつながるわけですから、今すぐに価格が大きく上昇していくとは言い切れません。

しかし、2019年は暗号通貨市場が再度注目を集めるのではないかと言われています。

暗号通貨の技術が世間で注目されて利用されていくで相場が上がり調子になるかも

参議院議員(日本維新の会)である藤巻健史議員がツイッターでXRP(リップル)を例に暗号通貨の技術を称賛するツイートをしていましたが、暗号通貨技術は便利だという声はみられています。

日本国内でサラリーマンとして働いているだけだと、ビットコインなどの送金について何とも思わないかもしれませんが、海外との取引をしている企業からすると便利なようです。

というのも、海外送金と言うのはとても時間がかかり手数料も割高です。

それが、ビットコインで送金をすると手数料も安いし、すぐに相手のウォレットにビットコインを届けることができます。

これは2017年に暗号通貨が世間で注目を集めたときにもビットコインの利点を挙げる謳い文句として出回っていましたし、ビジネッツ-bizinetsとしてもそのような認識をしていました。

それが2年たってハードフォークや市場の大きな下落を乗り越えたことで、さらに技術が進歩しているわけです。

ただ、ビットコインで送金すると換金する手間がかかるという意見を聞くことがあります。

確かに日本国内であれば日本円でそのまま送った方が便利が良いかもしれません。

銀行もインターネットバンキングの利便性を上げようと努力しているわけですからね。

しかし、海外送金に関して言えば、ドルを日本に送金したとしてもドルは日本で使えないわけですから結局換金する手間がかかるわけです。

ドル円の為替もビットコインほどボラティリティが高くはないですが、絶えず変動していることは変わりません。

このように考えたときに、ビットコインをはじめとした暗号通貨が実社会のビジネスで活用できることがどんどん注目を集めて、実社会で使われ始めたらビットコインの価格や暗号通貨市場が大きく上昇する可能性が十分あるわけです。

今の段階では、BITFINEXのメンテナンスといった、一つの取引所の動向だけで相場が左右されている状況ですが、徐々に価格も安定してくるものと考えています。

そうなった時には、今から参入している人たちが大きなチャンスを掴むことになるかもしれません。

2019年も暗号通貨に注目していきたいですね。

関連記事
コメント
コメントを表示
コメント投稿

コメント ( 必須 )

お名前 ( 必須 )

メールアドレス ※公開されません ( 必須 )

サイトアドレス ( 必須 )

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

トラックバック
トラックバックを表示
トラックバックURL