ビットコインや仮想通貨について真面目に勉強するための方法

この記事の最終更新日は 2017年3月17日 です。現在は状況が異なる場合がありますので予めご了承ください

ビットコインや仮想通貨について真面目に勉強するための方法

ビットコインや仮想通貨について耳にしたことのある人もいるかと思います。

しかし、ほとんどの人が無関係なため、なんだかよく分からないものとしか思えず、”怪しいもの”とか”危ないもの”、と感じています。

ただ、ビットコインの概念について理解している人は誰も理解していない段階から価値を感じていたり、投資先として利用していたりします。

現在ビットコインや仮想通貨についてマスメディアが注目し始めているということは、情報の上層部にいる人たちにとってはすでに先行投資としての対象になっている可能性が高いのです。

このような新しい概念やシステム、物ができたときには、普及するまで少し時間がかかります。

というのも、画期的なものと言うのは、最初はなかなか世間に受け入れられないからです。

最近起こった事例で考えたならば、「 iPhone 」がそれに当たるのではないでしょうか?

これまでは、「ガラケー」と呼ばれる携帯電話が日本では普及していました。

NTTドコモの一人勝ちと言われていた時代に、ソフトバンクがiPhoneをもって携帯電話・通信業界に殴り込みをかけたのです。

最初はガラケーに慣れている人たちからしたら、使い勝手がかったため受け入れはあまり良くなかったかもしれません。

珍しいもの好きや最先端の機器が好きな人たちが買っていたのではないでしょうか?

しかし、今となってはiPhoneのようなスマートフォンを持っている人たちよりも、ガラケーを持っている人たちの方が少数になってしまいました。

簡単にインターネットに接続でき、さまざまなアプリを利用できるという利便性があるからでしょう。

人たちの求めているものが変わっていっている証拠ですね。

ビットコインや仮想通貨も、これらと同じように、金融業界に大きな変革を起こすとしたら、先が楽しみになりませんか?

ビットコインや仮想通貨について勉強するために

一緒に勉強

ビットコインや仮想通貨について将来の可能性を感じるためには、まずは自分自身が勉強することが大切です。

人から話を聞いたり本を読んだりネットで調べたりという方法がありますが、今の時代は情報が氾濫しているため、何が正しくて何がおかしいのかが分かりにくくなっています。

世の中に出回っている情報のほとんどは、誰かの意見(このサイトの情報も管理人の意見が多いです)が入っているわけですので、それらの中から信憑性のある情報を選び取るというのはほとんど困難と思っていいでしょう。

だからこそ、勉強するための最適な方法として、『まずは自分もやってみて感じること』があります。

ビットコインで「自分でやってみる」とは?

ビットコインの取引

仮想通貨関係で「自分でやってみる」と言えば、ビットコインを購入してみることが当たりますね。

ビットコインについて勉強するために、誰かの情報を見たり聞いたりしていても、どこかで他人事になってしまって真剣になれません。

自分が実践してみることで本当の意味で真剣さが増して、勉強しようという気持ちになるわけです。

そのための第一歩として、まずは実際にビットコインを手に入れてみる!

すると、ビットコインがどのような値動きをするのかを注意深く見るようになるでしょう。

これは、株式市場でも同じことが言えると思います。本や雑誌を読んでいてもよく分からないですし、誰かの意見に左右されるだけになってしまいますからね。

自分が株を買うからこそ、その銘柄の値動きが気になり、「どうしてそのような結果になったのか?」という要因について考えるようになります。

ビットコインの値動きも同じですから、様々な情報を吸収することができるでしょうし、仮想通貨関連の周辺ビジネスについても気にするようになるでしょう。

勉強と言うことを考えたときに、『まずは自分でやってみる』という流れを作る必要があります。

ビジネッツ-bizinetsでは、【 コインチェック 】でのビットコインの購入をオススメしているので、コインチェックを利用してまずは購入してみてはどうでしょうか?

Facebookのアカウントを持っていれば簡単に利用できますし、仮想通貨の価格が高騰したり下落したりしたときには通知が来ますので、嫌でも目につくようになりますからね。

まずはコチラから登録してみることをオススメします。

関連記事
コメント
コメントを表示
コメント投稿

コメント ( 必須 )

お名前 ( 必須 )

メールアドレス ※公開されません ( 必須 )

サイトアドレス ( 必須 )

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

トラックバック
トラックバックを表示
トラックバックURL